一流プレーヤーのアイデアやクリエイティブ性はどこから来る?

なんでそんな事思いつくの?

アスリートに限らずその世界でTOPにおられる方々は、独自のビジョンや価値観から私たち一般人には思いもつかないアイデアやクリエイティブなモノを考案されます。

アスリートの場合には、まだ誰も見た事のないトリックやトレーニング法、

芸術家は新しい音楽や絵画、エンジニアはソフトウエア、起業家はニュービジネスなど、

そのアイデア等は一体どこから生まれてくるのか、なかなか理解し難い部分があるので一般的にはそういったモノを「センス」というワードで呼ぶ事が一般的になっております。

センスとは

「あいつセンスあるわー!」

よく聞くフレーズですが、この「センス」というワードをネットで調べると「物事の微妙な感じをさとる心の動き。微妙な感覚」と表記されております。確かに他の人には感じ取れないかすかな変化を読み取る力は特別な能力だと思いますが、それだけでは何かしっくりこない感じがするのは私だけでしょうか?

微妙な感覚を察知してそれをプレイや制作等に表現するのですから、勿論「センス」で間違いないと思いますが、微妙とは正反対のようなプレイや制作等にしても、それが様になっていれば「センス」といったワードが用いられます。

ですので、「微妙な感覚を感知して表現に変える」だけで「センス」を説明するのには言葉足らずになってしまいます。

「生まれ持ったセンス」

これもよく耳にしますよね。周りとは異なる秀でた能力を魅せらえると、ついこのフレーズを口にしたくなる事でしょう。それは秀でた者だけに与えられた先天性のモノで、まさに神から与えられた特別な者だけが持つ事を許された感覚といったところでしょうか。

そのように解釈しておけばある程度納得できますし、負けても仕方ないと気持ちの整理がつきやすいので便利ですよね。

しかし、その思考で行くと秀でる者と、そうでない者は生まれた時から既に決まっており、一般人がどれだけ努力をしても「センス」は身に着けられない事になってしまいます。また、秀でる者は努力をあまり必要とせずに「センス」が標準装備された特別仕様でこの世に誕生してきた「ラッキー」な人たちになりますが、果たしてそこまで不平等な事があるのでしょうか?

「センスは知識量」

一般的にセンスがあると言われている方が「センス」を先天性のモノ(努力をせずに手に入れた)とは思われたくないといった気持ちから出たフレーズです。

これは今までの例からすると、とても分かりやすく納得しやすいです。今では「センスがある」と言われている人でも初めからその力を所持していたわけではなく、そのモノに対しての知識をどんどん溜め込む事によって、独自の視点や感性で見れるようになったという事です。

言うなれば、努力する事で「センス」を手に入れたと言え、その努力は「知識」を増やすという事ですね。

なるほど!これなら腑に落ちますね。

いや、

ちょっと待ってください!

という事は、誰でも知識を増やせは「センス」を持てる事になるという事でしょうか?

残念ながら知識を大量に所持している方の中にも、センスのかけらも感じられない方が沢山おられます。せっかく一番良さそうな説明のように思えたのですが、最後にわずかな疑問が残ってしまいました。

メンタルトレーニング.net

クリエイター:RRiceさん

センスは原料と調理法

センスについてご説明する前に、一旦先に「イメージ」が出来上がるまでの工程についてご理解して頂きたいと思います。

「イメージ」とは想像や架空であり実体がなく思い描いたモノですので、ゼロ(無の状態)から作り上げたモノと思われる方が多いですが、これは誤解です。

誰でも日頃から自由に思い描いているオリジナルのイメージにはきちんとした原料があり、その原料を基に色々な加工をして作り出しているのがイメージなのです。

その原料とは「記憶」です。

人それぞれに記憶されている原料を、その人の好きな調理法で作り上げるのがイメージです。例えば一般的なAさんのイメージが出来上がるまでの工程は次のようになります。

①という原料(記憶)を切って、②という原料(記憶)には塩コショウ、③という原料(記憶)と一緒にAとBを強火で炒めて④というイメージが出来上がるといった流れです。

次はセンスがあると言われているBさんのイメージが出来上がるまでの工程です。

①という原料(記憶)を”細かく刻んで”、②という原料(記憶)には塩コショウ、③という原料(記憶)と一緒にAとBを”弱火”で炒める際に”③プラスα”という原料(記憶)の隠し味を加えて、④プラスαというイメージが出来上がるという事です。

AさんのイメージとBさんのイメージは似ていますが、ちょっと違いますよね。

ちょっとした調理法の違いと原料(記憶)の量が異なりますが、これが「センスの違い」です。

これが一流のプレーヤーになってくると、共通点がないと思える原料(記憶)さえも材料として加える事が可能になるのですが、それの良い例として「世界のホームラン王」を育てた荒川博さんという方がおられます。荒川さんは入団して全くと言って良いほど成績を出せない王貞治さんに、”合気道”をヒントにあの「一本足打法」を教えたと言われております。

という事で、センスとは「原料(記憶)と調理法」の事です。

監督やコーチから教わった内容は皆平等で各自それぞれの記憶となり原料になります。そこに今まで各自備蓄していた過去の原料(記憶)とその種類でオリジナルの調理法でイメージを作り、それを表現化する事で周りからセンスの違いを認められます。

ですから前段の説明で「センスは知識量」というのが一番近いと感じたのは、「知識」は「記憶」として脳に収めた「原料」ですので、半分だけの正解だったからです。

何が原料(記憶)になるかは個人によって様々ですが、その原料(記憶)を普段から求めている人にしか蓄える事は出来ません。また、オリジナルの調理法も普段からその事を考えていなければ思いつくはずもありませんよね!

一流のプレーヤーは日頃からそういったモノへのアンテナが常に高いため、一般人には想像もつかないアイデアやクリエイティブ性が生まれるのでしょう。

メンタルトレーニング

MSKメンタルサプリ研究所
スポンサーリンク
PC-投稿本文下1
PC-投稿本文下1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする