感情のコントロールは難しいけれど、性質を利用すれば簡単

単純で複雑な人間

人間は本当に「バカ」がつくほど単純なところがある反面、世界中の優れた頭脳やスーパーコンピューターを使っても、未だ理解できない複雑なところもあります。今回はその中でも「単純」なところをすぐに試せるトレーニングをご紹介します。

sportsmental

http://illust-kuma.com/sensei/

恐怖TV、ホラー映画

苦手な人も多いですが世の中では人気あるジャンルですよね!

ふた昔前ぐらいは夏場しか恐怖TV系は流れてなかったのですが、今では季節をあまり問わず放送されるているのが人気の証拠だと思います。

緊張した状態から一気に恐怖映像が流れるシーンなどは、思わず声が出てしまいそうなほどびっくりしてしまいます。ですが、そういった動画のバックで流れている音をコミカルに編集している動画をご覧になった事がありますか?

↓はそのように編集されている動画ですので、見たことがない人はよろしければどうぞ。(それでも怖いという人はごめんなさい)

もう、怖さは半減どころか笑ってしまいそうになってしまいますよね。本編では1位2位を争う恐怖シーンだったはずですが音楽一つでここまで変わってしまうのは、それだけ音楽や音によって人間の恐怖心は左右されていたのがわかる動画です。

これはなにも恐怖心のみではなく他の感情に関しても同じことが言えますので、この効果を利用しない手はありません。

リラックスできるスローテンポな曲

モチベーションが上がるミドル~アップテンポな曲

がむしゃらに動き回りたいような超アップテンポな曲

など、自分のお気に入りをスマホなどに入れて、曲によって感情をコントロールするのも今や一般的なルーティーンになりつつあります。

これもメンタル”トレーニング”の一つなので、普段から曲を聴いてコントロールする練習が必要なので、大会や試合当日だけやられてもあまり効果はありません。

トレーニングと名の付くものは何事も普段からの練習が必要なのです。

スポーツメンタルトレーニング

姿勢

姿勢は曲よりもっと簡単に、そして驚くほど即効性と実感ができます。

まず、最初に次ぎに書く事を実際に行ってみてください。

〇背中を丸め、うつむいて「自分はもうだめだ」など自虐的な言葉を発してみてください。

どうですか? 何か暗い気持ちになり本当にダメなんじゃないかと思えてきませんでしたか?

次は逆をやってみましょう。

〇胸を張って上を向いて「自分は最強で最高のプレイヤーだー!!」とポジティブな言葉を発してみてください。

さっきの感じとは真逆で気分が上昇しませんでしたか? 上昇するまではいかなくても、先ほどのように落ち込む感じはしないはずです。

感情は目に見えるものではないのですが、自ずと姿勢や表情、言葉や行動に現れます。そしてその姿勢や表情、言葉や行動によってさらに感情が増していくので、メンタルトレーニングはその性質を利用して感情をコントロールするように致します。

次も実際に行っていただきたいのですが、今度は先ほどの行動と言葉を入れ替えます。

〇背中を丸め、うつむいて「自分は最強で最高のプレイヤーだー!!」と言葉を発してください。

次は逆です。

〇胸を張って上を向いて「自分はもうだめだ」と言葉を発してください。

いかがですか? 全然しっくりこないですよね!

胸をはって上を向いて「自分はもうだめだ」なんて言葉を発していると、「私は胸を張って何を宣言してるんだ(笑)」とバカらしくなりませんでしたか?これが姿勢による効果です。

昔から辛いとき、悲しいときに「胸を張れ」と言われておりますが、実際に逆の事やってみるとよく理解できたと思います。ですから何か不安や失敗で落ち込みそうな時は、今回体験した事を思い出してぜひ胸を張って上を向いてください!

本当に気持ちが落ち込むのを支えてくれますよ。

スポーツメンタルトレーニング

http://illust-kuma.com/tag/irokuma/page/3/

簡単じゃん!

今回の内容は簡単で手軽に出来る内容でした。

「こんな簡単なのでいいのか?」と思われるかも知れませんが、その簡単な事さえ「心」のトレーニングをされてこられなかったという事実を受け止めてください。また、簡単な事ですが、トレーニングをして癖付けするのは「技」や「体」のトレーニングと一緒で大変です。

モチベーションが上がるお気に入りの曲を聴いてテンションをあげるのも、何かへこみそうな時に辛くても胸を張って上を向くのも、自然と癖付けされるようトレーニングしていきましょう。

MSKメンタルサプリ研究所
スポンサーリンク
PC-投稿本文下1
PC-投稿本文下1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする